簿記2級に独学でチャレンジする|徹底的な自己学習

大学によっては重要な課題

PCを操作する女性

自分をアピールできる機会

大学の推薦入試においては、ほとんどの大学において志望理由書が、課されているのではないでしょうか。志望理由書は、それほど長い文書を書くこと求められているわけではありませんが、面接試験と同様に自分をアピールできる数少ない機会です。志望理由書は、推敲すれば高い水準のものを書けそうですが、書いている本人が気づかないミスがあったりします。また、的確なアドバイスがあるとさらによい志望理由書となることは、珍しくありません。このためには、自分以外の人に添削してもらうと文書能力もつき、とても勉強になります。自分が書いたものに対して、どのような観点で添削されたのか、じっくり考えるようにすれば、文書能力も向上することが間違いありません。

上達の秘訣

志望理由書の書き方は、一定の基準があります。当然その大学を志願する熱意が伝わらなければなりません。細かいことですが、誤字・脱字にも十分注意しましょう。内容がよくても台無しになることがあります。次に志望理由書の文脈や構成が適切も推敲する必要があります。文章は練習するとかなりうまくなります。しかし、自分は正しい・適切と思って書いているのですから、なかなか誤りや文章構成の不備に気づきません。このような場合、しかるべき知識のある人に添削してもらう必要があります。このように文章の評価を上げるためには、自分だけで練習しても限界があるので、添削してもらう機会を得ることがとても大切です。通信添削もホームページで探してみれば、みつかりますので、試してみてはいかがでしょうか。